自然の息づかいを笑写するブログ

遠くの観光地に行かなくても、身近にある自然が、あなたが来るのを、今か今かと首をながーくして待っています。自然は 喜ばせごっこ、おもてなしごっこ そして不思議な世界で溢れています。自然の笑アップを写し込んでアートにしています。

万歳という言葉の語源 明治天皇を迎える言葉として生まれた

        フォト遊楽

     ゆる木ャラのつぶやき

 

万歳という言葉の語源をたどっていくと、いろいろな発見があります。

 

どうやら明治天皇を迎える言葉として生まれたようです。

 

f:id:sizenasobi:20181126122946j:plain

 

  

ンザイの 語源記念日は、帝国憲法発布の日、1889年(明治22年)の2月11日。

 

 この日を前に、東大の先生や学生たちのあいだで、ある議題が持ち上がりました。当日、明

天皇が代々木練兵場の観兵式に出御する際に、二重橋前でいっせいに慶びの声を上げようと

いうのです。

 

 しかし、いったいどんな言葉を発すればいいのか、なかなか意見がまとまりません。

 

 フランス語の「ヴィヴ・ラ・フランス!(フランス万歳)」、英語の「ゴッド・セーヴ・

ザ・キング!(国王陛下万歳)」のような、唱和する言葉が日本にはなかったのです。

  

 いったんは、文部大臣の森有礼が主張した「奉賀」に決まりかけたものの、試しに練習して

みると、「アホウ(阿呆)」に聞こえるという理由でこれは却下。

 

 結局、経済学の和田垣謙三博士の提案で、「万歳、万歳、万々歳!」に決定。ただし発音

は、中国式だと「(漢音)バンゼイ」、あるいは「(呉音)マンザイ」となり、力強さがあり

ませんでしたので、そこで、漢音と呉音を交えて「バンザイ」と発音することにしたのです。

 

 

 ところが当日、思わぬハプニングが起こりました。

 

 

 学生団の旗手として参列した若槻礼次郎(後の内閣総理大臣)によると、第一声の「万歳」

で、御馬車の馬が驚いて棒立ちとなり、足をバタバタし始めたのです。そのため、一同は自然

と遠慮する気持ちになって第二声の「万歳」は小さな声になり、そして第三声の「万々歳」

は、ついには発声できずじまいに。

 

 

 かくして「万々歳」はお蔵入り、「万歳」だけが残ったというわけ。

 

馬が驚かなかったら、万歳三唱も今とは違うスタイルになっていたかもしれませんね