自然の息づかいを笑写するブログ

遠くの観光地に行かなくても、身近にある自然が、あなたが来るのを、今か今かと首をながーくして待っています。自然は 喜ばせごっこ、おもてなしごっこ そして不思議な世界で溢れています。自然の笑アップを写し込んでアートにしています。

元気に生きよう 「諦め」と「明らめ」の違い

                     元気に生きよう 「諦め」と「明らめ」の違い

              フォト遊創美

             雑草には諦めはない

 

f:id:sizenasobi:20181010154823j:plain

 

日々の生活の中では、思い通りにならない出来事が山ほどありますよね。経済的な理由で、欲しいものを買えないことがあります。仕事に行き詰まることもあります。研究や開発が進まず、壁にぶつかることもあるでしょう。よきせぬ事態に遭遇して落ち込むこともあります。そんな時、私たちは否応なしに「あきらめる」と言う決断を迫られることになります。このあきらめるには、2つの種類があります。

 

1つには

つまずきや挫折感、失敗や敗北感といった経験や感情を伴った「諦め」です。それは、失うであろう対象との間に生じる、ある種の「もがき」のような状態であるといえます。

 

「諦め」は、ネガティブ「後ろ向き」な性質を持っています。

努力しても無駄だ、自分にできることなど限られている、期待するような結果なんて見込めないと言うように、消極的で自己否定的なところに特徴があります。

 

 

これに対し、「あきらめ」にはもう一つ

 

目の前の現実との間に、うまく折り合いをつけようとする「明らめ」があります。

「明らめ」は、ポジティブ前向きな性質を持っています。

ともかく今、自分にできることをやろう、そのままでいるよりも、気持ちを切り替えた方が良い、じっとしているよりは、別のやり方を考えようと言うように気持ちを前向きに切り替えようとするところに特徴があります。

 

総じて、「明らめ」思考の人が楽観主義的でストレスも溜めにくいことがわかっています。あきらめと言う常に前を向いて進もうとする姿勢は自分自身に元気を与え、人生を明るくし、充実感を出してくれます。