自然の息づかいを笑写するブログ

遠くの観光地に行かなくても、身近にある自然が、あなたが来るのを、今か今かと首をながーくして待っています。自然は 喜ばせごっこ、おもてなしごっこ そして不思議な世界で溢れています。自然の笑アップを写し込んでアートにしています。

生命は「星の子」であり宇宙は大いなる「母」である

            フォト遊創美 ゆるキャラ

          だれもが、かつては宇宙の星だった

f:id:sizenasobi:20180929160510j:plain

 

宇宙カレンダーをご存じでしょうか。米国の天文学者の故カール・セーガン博士が提唱した約137億年前のビッグバンで宇宙が誕生した時期を年初めの11日午前零時に想定。137億年後に当たる「現在」を、翌年の同時刻に設定して歴史上の出来事を1年間の磨で表す。これによると、太陽系が形成されたのは、夏休み最後の831日。地球上の最初の生命誕生は、なんと10月に入ってから。原始哺乳類が地上に現れたのは、クリスマスの日です。四大文明の発祥は年越し寸前の235948秒になり、その後の営みは、すべて除夜の鐘が鳴り響く中での出来事です。

 

宇宙空間から地球を見た宇宙飛行士に、生命観を深めた人は多い。毛利衛氏も、すべてのものはつながっているという見方をするに至ったという。地球に生命が誕生して、およそ40億年。進化を繰り返しながら、一度も途切れることなく命がつながって、私たちは生きている。生物全体の進化は、「個の挑戦」から始まったと毛利氏は指摘しています。「誰も経験したことのない挑戦に成功する個は、人類という全体の能力を高め、生命が未来につながっていく可能性を体現する存在」であると(『宇宙から学ぶ』岩波新書

 

 だれもが、かつては宇宙の星だった。生命の体をつくる原子は、星々が生と死を繰り返すなかで生まれたもの。事実として全ての生命は「星の子」であり宇宙は大いなる「母」である。

 生命が生まれ、還っていく「母なる宇宙」。そこに思いを巡らせるとき、人は、いのちの尊さと絶対的な平等を体感してきたはずです。この数世紀、都市が発展して夜空に人工灯があふれ、星々の影が薄くなっていったことと、〝死を忘れた〟生命軽視の風潮が地球を覆っていることは、決して偶然の一致ではないように思われます。今こそ取り戻すべきは、「星空を見上げる文化」ではないでしょうか。

 先日、米航空宇宙局は生命が存在するかもしれない「地球のいとこ」なる惑星を発見しました。光の速さで向かっても1400年かかる距離にある、途方もない距離。大宇宙には生命を宿した星が無数にあるはずだが、いまだに、私たちが交信できた文明はありませせん。それは互いの距離が遠いことと、その星の文明に寿命があることも原因。

 

「地球人は、戦争と環境破壊で文明を終わらせてしまうのか。それとも宇宙の模範となって栄えゆくのか」。

 

見上げる星々は、そう語り掛けているように思えてなりません。