自然の息づかいを笑写するブログ

遠くの観光地に行かなくても、身近にある自然が、あなたが来るのを、今か今かと首をながーくして待っています。自然は 喜ばせごっこ、おもてなしごっこ そして不思議な世界で溢れています。自然の笑アップを写し込んでアートにしています。

江戸時代 寿司は、手軽に食べられ爆発的な人気だった

 

 

     江戸時代 寿司は、手軽に食べられ爆発的な人気だった

 

f:id:sizenasobi:20180929182429j:plain

 

 江戸前という言葉があります。江戸湾で取れた海産物を指す言葉ですが、江戸前が握り寿司に使われるようになったのは、一八〇〇年代に入ってからです。その頃、握り寿司が考案されたのですが、それ以前は大阪など上方から伝えられた押し寿司を江戸っ子は食べていました。

 押し寿司は、大阪寿司、箱寿司とも呼ばれました。箱の中に寿司飯を詰め、その上に薄く切った魚介類や卵焼きを載せて押し固めたものです。

 

 しかし、一八〇〇年代に入ると、隅田川近くの深川や本所の寿司屋が握り寿司を考案して売り出します。両国で寿司屋を開いていた華屋与兵衛が最初に考案したと伝えられますが、与兵衛が書き残した記録には自分よりも前に握り寿司を試みた者がいると書かれています。そのため、与兵衛は握り寿司の大成者という説もあります。

 

 与兵衛たちが考案した握り寿司は、酢飯に魚の切り身を載せ、しょう油を付けて食べるという現在と同じものですが、手軽に食べられる寿司として爆発的な人気を呼びます。それまで上方伝来の押し寿司を出していた寿司屋も、握り寿司を出すようになります。こうして、握り寿司が江戸の寿司の主流となるのです。

 

 寿司の種としては、どんなものがあったのでしょうか。江戸湾で取れた新鮮な鮑、鮪、海老そぼろ、小鯛、コハダ、白魚などのほか、卵焼きも使われています。

 気になるのは価格ですが、一個四文あるいは八文というのが標準でした。かけ蕎麦の半分以下の値段でした。

 

 握り寿司は江戸から生まれ、二百年ほどの歴史を持った食べ物だったわけですが、江戸時代に生まれた寿司といえば稲荷寿司も欠かせません。

 

 江戸の町に稲荷寿司が登場したのは、握り寿司よりも後です。天保改革がおこなわれた一八四〇年代頃、油揚げの中に椎茸などを刻んでまぜた飯を入れ、寿司として売られるようになったと伝えられます。稲荷寿司と呼ばれるようになったのは、きつねが油揚げを好んだことに因んでいます。

 

 その価格は、一個四文。握り寿司と同じぐらいの値段でした。

 

 握り寿司と稲荷寿司。今も人気のお寿司は、江戸っ子が作り出した食べ物としての歴史を持っているのです。