自然の息づかいを笑写するブログ

遠くの観光地に行かなくても、身近にある自然が、あなたが来るのを、今か今かと首をながーくして待っています。自然は 喜ばせごっこ、おもてなしごっこ そして不思議な世界で溢れています。自然の笑アップを写し込んでアートにしています。

人間を不幸にする方法 それはいつでもなんでも手に入れられるようにすること

    写心 雲のアート 天使のはしご

 

思想家ルソーが書いている。人間を不幸にする方法――「それはいつでもなんでも手に入れられるようにしてやることだ」

 

 

 

f:id:sizenasobi:20180918055336j:plain

 

スポーツにしても語学の習得にしても必要なのは時間です。一朝一夕に、達人の域に達することは普通は難しいでしょう。

例えば語学の場合、ゼロからスタートして、不自由なく生活するレベルの語学力を習得するには、約3,000時間が必要だといわれています。1日8時間強、1年勉強すればマスターできるという計算になりますが、もちろん、計算通りにはいきませんよね。

学問や教えを徐々に浸して養成するという意味の言葉に「涵養」(かんよう)があります。涵は箱の中に水を入れてものを漬け込むこと、また要は、次の羊の肉のように力をつける食べ物を表します。つまり、少しずつ熟成しながら力をつけることが涵養なのです。

 

思想家ルソーが書いている。人間を不幸にする方法――「それはいつでもなんでも手に入れられるようにしてやることだ」(今野一雄訳)。恵まれた環境で育った人が、幸福とは限らない。いな、苦労知らずの人生が、いかにもろいか。多宝会の先輩が語っていた。「若い時に流さなかった汗は、年をとって涙になるよ」・・・・・

 

     f:id:sizenasobi:20180916164229j:plain