自然の息づかいを笑写するブログ

遠くの観光地に行かなくても、身近にある自然が、あなたが来るのを、今か今かと首をながーくして待っています。自然は 喜ばせごっこ、おもてなしごっこ そして不思議な世界で溢れています。自然の笑アップを写し込んでアートにしています。

本を読む人と読まない人と、どちらが幸せか

フォト遊楽 種は希望の明日へ 本を読む人と読まない人と、どちらが幸せか 今、街から、どんどん本屋がなくなっている。 「本を買う習慣そのものがなくなってしまう」という心配の声も多い。 本を読む人と読まない人と、どちらが幸せかという質問に、村上春樹…

恐るべし、昆虫の知恵 太古から農業をおこなって いた

フォト遊楽 昆虫のつぶやき 太古から農業をおこなって いた 昆虫は私たちにとってもっとも身近な野生生物の一つです。家の中に出没して驚かされる時も あります。その代表がゴキブリなど。気がついていないだけで通勤通学途中の植え込みの中に もひそんでい…

世界に広がる 母と子の健康を見守るために活用されるツール、母子手帳

日本で生まれた母子手帳 日本ではまず戦時中に妊産婦手帳がつくられました。 当時、厚生省に勤めていた瀬木三雄氏が、ドイツのある地方の妊婦健康記録の携行制度を参考 に、日本でもその仕組みをつくりました。妊産婦手帳を提示すると、配給を優遇して受けら…

人間には、アグレッシブ型と バランス型がいる 自分の強みを発揮しよう

フォト遊楽 石の肖像写真 能力のない人はいない。ピンチの時こそ先を見て、自分の強みを発揮しよう。 むずかしそうな顔をした石 山梨市牧丘で 人間には、アグレッシブ型とバランス型がいることを知りました。 アグレッシブ型は、攻撃的、積極的、押しが強い…

万歳という言葉の語源 明治天皇を迎える言葉として生まれた

フォト遊楽 ゆる木ャラのつぶやき 万歳という言葉の語源をたどっていくと、いろいろな発見があります。 どうやら明治天皇を迎える言葉として生まれたようです。 バンザイの “語源記念日”は、帝国憲法発布の日、1889年(明治22年)の2月11日。 この…

懐かしく思い出す 黒電話のプチ話

フォト遊楽 雑草のプチ話 植物は人間には聞こえない 超音波を出している 電話より便利なんだ 昔の黒電話ご存知の人もおられると思います。 ダイヤルどうしたでしょうか? そう、ダイヤルを回しました。 しかし今時の人は、このダイヤルをタッチパネルと思 い…

この時期だけ甲府盆地の風物詩 干し柿のカーテン じゅうたん

フォト一息 この時期だけ甲府盆地の風物詩 干し柿のカーテン じゅうたん カラスも食べない渋柿を、干し柿にするなんてなんという知恵なんでしょうか。 撮影地 甲州市 上萩原 干し柿のじゅうたん 撮影地 甲州市 菱山 ブドウの丘

今年の流行語大賞は そだねーに 決まりました。

フォト一息 さざんか さざんか 咲いた道 きれいに咲いています さざんか 甲州市菱山 ぶどうの丘で 朝起きて、もう疲れているなんておかしいでしょう。 そだねー 今年の流行語大賞は そだねーに 決まりました。

孤立した高齢者ほど悪質業者の格好の標的になりやすい

フォト遊楽 ワンの一言 高齢者のネット被害拡大 危険性や対策学ぶ機会が必要だ ネットには気をつけよう 高齢化社会の新たな課題だろう。インターネットを介した高齢者の被害が急増していることが、「消費者白書」で分かった。 スマートフォン(スマホ)が普…

人生を充実 目的へ向け積極的に行動 物理的時間と感覚を合わせる

フォト一息 2018/12/01 夕焼けに染まる富士 山梨市 上石森から 目的へ向け積極的に行動 物理的時間と感覚を合わせよう ぐにゃりと曲がった時計、変化する時間感覚はこんなイメージ? 失敗は記憶に残りにくい どのように時間を使って充実した人生を送るのか、…

「良い睡眠」の定義はなく、睡眠は何時間必要かという数値基準もない

フォト遊楽 石のつぶやき おれも高齢だが、幸齢で生きている。 おれは生涯青春で生きている 高齢社会という言葉が巷にあふれています。でもいい言葉ではないと思いますが、いかがでしょうか。高齢を幸齢で生きましょう。 ある調査によると、日本の成人の約5…

フォト遊楽  詩と語る 山芋の詩

フォト遊楽 詩と語る 小学生の頃、習った詩で覚えているのは大関松三郎の詩です 確か教科書に載っていたのは、山芋の詩。 【山芋】 辛苦して掘った土の底から 大きな山芋を掘じくり出す。 出てくる出てくる でっかい山芋 でこでこと太った指のあいだに しっ…

年賀状は、正月の楽しみの1つ 前向きなフレーズの例

年賀状は、正月の楽しみの1つです 年賀状はもう出来上がりましたか。中には、気が重い、今年はもう出すのやめようか、そう感 じている人もいるかと思います。 携帯電話に、あけましておめでとうと届くのも嬉しいもの。 しかし、元旦に郵便受けから年賀状の束…

11月 初冬のブドウ畑 ブドウ狩りの季節とは異なる彩が

身近な自然の驚異の世界 山梨は果樹園地帯です。 その土地にはそれぞれの秋があり、その違いもまたおもしろく、その美しさを見つけら れた時にはとてもうれしくなります。 普段見慣れた景色の中に、見過ごしてしまってい る秋の美しさがあります。 初冬 11月…

植物は人間と同じく感情を持っていて、きわめて高度な知的生命体

フォト遊楽 植物と語る 植物は 高度な知的生命体 道端の雑草 山梨市 重川 河川敷 そもそも植物という生き物は、その場を動くことはできないし、声を発することもありませ ん。 そのために認識されにくいのですが、人間と同じく感情を持っていて、きわめて高…

水草のホテイアオイ 自分の力が発揮できない環境でも、その場で、生き抜く

ホテイアオイ 水草のホテイアオイ、 これは、金魚鉢や水槽に浮かべられる、小さくてかわいい観賞用の水草です。 長い間栽培されても、数十センチより高くにはなりません。ところが、野生化して、川や池や 湖に育つと、背丈が2メートル以上に伸びます。 なぜ…

冬に備える知恵 よもぎ茶 ショウガ湯 冷えを取り体を温める

フォト遊楽 雪と語る 冬に備える知恵 冬に備える知恵 よもぎ茶 ショウガ湯 冷えを取り体を温める これからだんだん寒くなり、お金をあまりかけずに寒い冬に備えていきたいものです。 冷えを取り、体を温めるカフェインがなく、体に優しい 毎日飲むお茶で、体…

ぼくに腰かけて読んでほしい詩だよ まーちゃんと さくら

フォト遊楽​ 椅子のつぶやき ぼくに腰かけて読んでほしい詩だよ ‼ 山梨市 万力公園 詩 きぼうのたね まーちゃんと さくら まーちゃんは じぶんがきらいでした。 にがてなことが たくさんあって いろいろうまく いかないからです すると先生がいました せんせ…

雨は、大地を潤し、実りをもたらします。雨は喜びの源

フォト遊楽 雑草のつぶやき 雨はよろこびだよ( ´艸`) 雨は、大地を潤し、実りをもたらします。雨は喜びの源です。 ダビンチはこんな寓話を書いています。 水は海にいるうち、 ふと大空へ昇りたくなった。 火に誘われて、 水蒸気となって空高く昇り、 薄く冷…

雲をお供に日の出前朝焼けの富士山です

フォト遊楽 2018-11-28 今朝の富士 雲をお供に日の出前朝焼けの富士山です

フォト遊楽 人生は選択の連続

フォト遊楽 今日の富士 人生は選択の連続だ 山梨市 フルーツ公園から 自分を嫌いとかダメな人間だと思うことはやめよう。 人生は選択の連続。 その時は一つしか選べませんが、それ以外は置いてきたまま、可能性は何歳になってもある。

勝海舟が女将から学んだ外交の呼吸

フォト遊楽 枯葉のつぶやき 勝海舟が青柳と言う料理屋に入ったときの話です。 勝海舟が、店の中を見渡すと女将が掃除をしたり忙しくしていたので、この店は景気が良いように見えると言いました。 すると女将は、とんでもありませんと答えて話を続けました。 …

植物のタンポポ茎はなぜ、空洞なのか

フォト遊楽 タンポポの知恵 植物のタンポポ茎はなぜ、空洞なのか 植物たちは、私たちの思いも及ばない、多くの巧みな力を隠し持っています。植物たちの“背丈 を伸ばす”という現象に込められた能力を紹介します。 タンポポ、この植物の茎(正確には、花茎)は…

フォト遊楽  散歩の途中で、凍えそうなタンポポを見つけました

フォト遊楽 秋のタンポポと語る 散歩の途中で、凍えそうなタンポポを見つけました 秋の風に飛ばされた無数のタンポポの種は、たどり着いた地に根を張り、 可憐な花を咲かせていきます。

四季は、冬から始まる  春 夏 秋 冬 を 冬 春 夏 秋に

フォト遊楽 心は工なる画師 富士と語る 四季は、冬から始まる 河口湖から 四季は、冬から始まると思いませんか。 冬 春 夏 秋、何度か声に出して読んでみてください。 春 夏 秋 冬 以上の勢いが出てきます。 ほらね、秋の音が終わりと響いてきます。 秋がも…

フォト遊楽  人の心は顔に表れる

フォト遊楽 虫食いアートのつぶやき 人の心は顔に表れる、だからABCの読めない人でも、 顔を見れば性格を読み取れるのだ。

残し柿という風習 子守柿と呼ばれ、 晩秋から冬への風景です

フォト遊楽 残し柿という風習があります。 収穫を終えた柿の木に一つか数個だけ実を残しておきま す。 恵みを与えてくれた木へのいたわりとともに、来年もよく 実るようにとの願いを込めたもので「子守柿」と呼ばれ、 晩秋から冬への、ぬくもりの里の風景で…

子供の純真な詩 ぼくはなんにでも、ありがとうをいうよ

フォト遊楽 ゆるキャラのメッセージ 東京のある少年が、作文コンクールでホイットマン賞に輝いた。 題名は「ありがとう」。彼は先天性の脊髄疾患により手術と入院を繰り返してきた。 不可能と思われた歩行も、 小学1年の今では、杖を使って歩けるまでになっ…

冬本番の低温が続く。冬の寒さが厳しいほど、桜は、暖かさに敏感に

フォト遊楽 さくらのつぶやき 地球の温暖化がぼくたち桜を困らせるんだ。 桜の開花の予想するには、冬の寒さです。 ​ 冬本番の低温が続く。冬の寒さが厳しいほど、桜は、暖かさに敏感になるといいます。それを試す実験がありました。2月中旬、鹿児島と北海…

大阪のおばちゃんが{あめ}にちゃんをつけて呼ぶ理由

フォト遊楽 ワンの つぶやき 大阪のおばちゃんが{あめ}にちゃんをつけて呼ぶ理由が面白いよ。 ルーツをたどると、豊臣秀吉が大阪に商人の町つくったからとか。 天下の台所として丁寧な言葉使いが必要になったのです。 当時格式のある言葉は船場言葉でした…